中小建設企業のフィリピン進出支援で訪問団募集:国交省

2019/09/05 支援

 国土交通省は、日本の中堅・中小建設企業のフィリピン進出を支援するため、「現地の大学と連携した合同就職説明会」「第2回日・フィリピン建設会議(現地企業とのビジネスマッチング等)」「日本政府関係機関訪問・現地視察」の参加者を10月18日まで募集している。

 フィリピンは、ドゥテルテ政権のインフラ整備政策「Build, Build, Build」による建設需要の高まりから将来の市場として注目されている国の1つ。英語のスキルが高い国であることからも、日系建設企業の進出先として注目されている。

 参加企業で「フィリピン訪問団」を組織し、11月10日から12日までの3日間で、合同就職説明会から日本政府関係機関訪問・現場視察および第2回日・フィリピン建設会議まで順次開催していく。

 申し込みなど詳しくは、土地・建設産業局総務課国際室のホームページで。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top