医療機器・関連分野の欧州進出を支援:中小機構が11月のミッション参加者を公募

2019/06/17 支援

 中小機構は6月17日、医療機器・関連分野でドイツをはじめ欧州への進出を検討している中小企業・小規模事業者を対象に「中小機構ビジネスミッション事業」の参加者公募を開始した。今年11月17日から23日までドイツにミッションを派遣し、デュッセルドルフで開かれる世界最大の医療機器見本市「MEDICA」の視察と同見本市に出展・参加した企業との商談を支援する。

 参加者には欧州市場参入に関する事前勉強会やセミナーの機会を提供するほか、中小機構が運営するWeb媒体「J-GoodTech」などで外国語による欧州企業向けのPRも実施する。通訳など現地商談のフォローや進出計画づくりも支援する。ミッションでは45万円を上限に往復の航空券、現地でのバス代なども機構が負担する。

 採択予定数は15者。受付は郵送のみで公募締め切りは7月17日午後5時まで。詳しくはhttps://www.smrj.go.jp/sme/overseas/strategy/index.htmlへ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top