旅館・ホテルのバリアフリー化支援で2次公募:観光庁

2019/06/07 支援

 観光庁は、旅館・ホテルなどの客室や共用部の整備を支援する「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(宿泊施設バリアフリー化促進事業)」の2次公募を8月2日まで受け付けている。

 1次公募では主に客室の大規模改修を対象としていたが、2次公募では宿泊施設のバリアフリー化を幅広く支援するため、客室の必要最低限の改修など一般客室のレベルアップを対象に加えて定額補助で限度額100万円と設定。共用部の改修および車椅子使用者用客室の整備など客室の大規模改修は、補助率2分の1、限度額500万円に設定した。

 公募要領など詳しくは観光産業課のホームページで。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top