2019年度グッドカンパニー大賞推薦受付がスタート:中小企業研究センター

2019/03/15 支援

 中小企業研究センター(前田晃伸理事長)は4月1日から、第53回(2019年度)「グッドカンパニー大賞」候補企業の推薦受付を開始する。同賞は全国の中小企業の中から経済的、社会的に優れた成果をあげている企業を過去52年間でのべ679社を表彰。受賞した多くの企業が発展を遂げているが、選定には商工会議所等の推薦が必要になる。

 文部科学省、全国の経済産業局・沖縄総合事務局経済産業部、商工会議所(連合会)、商工会(連合会)、東京・名古屋・大阪中小企業投資育成株式会社。資本金または出資総額が3億円以下かつ創業あるいは設立後3年以上の法人企業または個人企業のなかから、以下の各賞にふさわしい企業を推薦する。

 各賞の内容は以下の通り。①グランプリ(2社以内、奨励金100万円)=経営の刷新、技術開発、市場開拓、流通改革の分野で特に顕著な成果をあげている全国水準で優れた企業②優秀企業賞(9社以内、奨励金50万円)=北海道・東北、関東、北陸・甲信越、東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄の7地区で①に準ずる優れた企業③特別賞(2社程度、奨励金30万円)=省資源、環境保全、内需開拓、雇用福祉、地域振興などの分野で貢献度が高く将来性のある企業④新技術事業化推進賞(5社以内、奨励金30万円)=技術、ソフト、システム等の開発・考案に独創性を発揮し事業として売上成果をあげ将来性がある企業。

 推薦受付締め切りは6月20日。詳しくは中小企業研究センター事務局=電話03-3831-9061、FAX03-3831-9069へ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top