次世代モビリティサービスの最新動向セミナーを開催:関東経済産業局

2019/03/14 イベント
講演する須田教授 講演する須田教授

 経済産業省関東経済産業局は3月14日、東京都千代田区の3×2Lab Futureで「次世代モビリティサービスの最前線と将来展望―オープンイノベーションによるモビリティの変革―」と題したセミナーを開催した。新技術や新しい移動サービス(MaaS)の出現で変革期にある動車業界の最新動向を学び、参加者の事業展開に役立ててもらうのがねらい。中小企業経営者をはじめ、次世代モビリティサービスにかかわる関係者約100人が聴講した。

 基調講演は東京大学の須田義大・次世代モビリティ研究センター教授が「MasS(マース、モビリティ・アズ・ア・サービス)を取り巻く産官学の動向」を解説。須田教授は自動運転技術の現状やインターネットを通じたライドシェア(Uber)など移動関係の新サービスの動向を紹介したうえで、「安心・安全で快適な移動を追求することは大都市の公共交通不足や渋滞、過疎地の移動手段の確保などの課題解決手段にも役立つ。新産業の創出で需要なのは利用者の視点だ」などと語った。

 続いてみずほ総研経営・ITコンサルティング部の豊田健志氏が「新たなモビリティサービスによる価値の広がりと異分野連携の実態」と題した調査を報告。「自動車関連の新技術やサービスは新たな価値を生み出し、異業種連携やスタートアップ企業の参入を促す。日本の産業構造を変革していくことが期待される」と話した。

 このほかデンソー、WILLER、NTTドコモの担当者が自社の取り組み事例を紹介。関東経産局の担当官はモビリティサービスに対する今後の施策方針を説明した。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top