SDGs推進で新ビジネスや投資を:中小機構がセミナー

2019/03/13 イベント
SDGs四国 講演する横田氏

 中小機構四国本部は3月7日、松山市の一番町ホールで「SDGsセミナー」を開催した。SDGs(国連で採択された持続可能な国際目標)を推進してビジネスに活かすヒントを提供するのが目的。愛媛県内の中小企業経営者や地域支援機関など約30名が参加した。

 セミナーはまず、横田アソシエイツの横田浩一代表取締役が「理解を深めて成長に活かすSDGs~未来の市場を創出するためのキーワード」と題して講演。SDGsの概要や意義、政府の対応策などを解説した後、大企業や自治体、中小企業の取り組み事例を紹介した。その上で、企業に社会貢献を求める世の中の流れが強まっていると指摘し「社会的な課題を解決することが新たな事業展開や投資機会を生む」と強調した。

 その後、中小機構四国本部の専門家が「海外進出におけるSDGsの活用」をテーマに講演。「SDGsを活用して、企業目標や事業目標の設定、進出する国や地域、ターゲット市場の選定を行うことで適切なビジネスパートナー探しが可能になる」とアドバイスした。

 同セミナーは地元テレビ局が取材に訪れ、SDGsに対する関心の高さがうかがえた。参加した企業経営者の男性は「海外展開も始めたので、現地の人たちのためにも事業をしっかりと継続していきたい」と話した。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top