「JAPANブランド育成支援事業」公募開始:中企庁

2019/02/19 支援

 中小企業庁は18日、複数の中小企業などが連携して、優れた素材や技術などを活かし、その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力の確立を目指す取り組みに要する経費の一部を補助する「国内・海外販路開拓強化支援事業(JAPANブランド育成支援事業)」を3月18日までの期間で公募を開始した。

 本事業の対象者は、中小企業、商工会、商工会議所、組合、NPO法人などで、中小企業が申請する場合は、4者以上の連携が必須。

 本事業の内容は、(1)戦略策定支援事業では、参画する中小企業などの共通認識を醸成し、自らの現状を分析し、明確なブランドコンセプトと基本戦略を策定するもの。(2)ブランド確立支援事業では、海外のマーケットで通用するブランド力を確立するために必要な試作品開発や展示会出展などを行うもの。この事業により、地域中小企業の海外でのブランド確立を図るとともに、地域経済の活性化および地域中小企業の振興に寄与することを目的としている。

 公募要領などの詳細は中小企業庁のホームページへ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top