「健康経営優良法人2018」中小企業の申請受付開始:経産省

2017/11/07 支援

 経済産業省は、「健康経営優良法人2018」の中小規模法人部門の申請受付を始めた。優良な健康投資を行い、従業員の活力や生産性向上などを実践している法人を認定する制度で、昨年度に続き募集する。申請期間は12月8日まで。

 健康経営とは、従業員らの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。企業理念に基づいて従業員への健康投資を行えば、業績向上などにつながることが期待されている。経産省は昨年度、健康経営に取り組む優良法人を「見える化」するため認定制度を設計。従業員や求職者、金融機関などからの社会的評価を受けられる環境整備を図っている。

 同制度は日本健康会議が運営し、今春には大規模法人部門235法人、中小規模法人部門318法人を認定。今回、今年度の中小規模法人部門の受付を始めた。健康会議に設置される認定委員会で審査し、来年2月下旬ごろに認定企業を発表する予定。詳細と認定申請書は日本健康会議のホームページから。

 なお、大規模法人部門については、今月下旬の申請受付開始を予定している。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top