5日から双方向ライブ講義一挙放送:中小機構の新たな人材育成サービス「ビジログ」

2019/02/01 支援

 中小機構は、中小企業で働く従業員らを対象とした新たな人材育成サービス「ビジログ」で、顧客のファン化や生産性アップを強みとする7人の著名経営者らに質問しながら学べる双方向ライブ型の講義を今月一挙放送する。受講料は無料。初回は5日午後7時から「右腕社員が生まれる組織のつくり方」をテーマに、松橋卓司・メトロール代表取締役社長が講演する。

 「ビジログ」は中小企業の従業員の潜在能力を見える化し、社内の貴重な人材の再発見を促す人材育成サービス。運営を開始した昨年8月から半年で1万3000人超が登録している。いつでもどこでも学べるウェブ型の講義も提供しているため、多様な働き方に合わせた学びのスタイルを選ぶことができる。5日から放送する双方向ライブ型の講義は、スマホでも聞くことができる。定員は200人。講義のアーカイブ動画はいつでも視聴できる。

 放送予定は以下の通り(①時間②テーマ③講師―の順)

 ◇5日(火)=①午後7~8時②右腕社員が生まれる組織のつくり方③松橋卓司・メトロール代表取締役社長
 ◇7日(木)=①同②「人がいない」を解決する仕事の本質の捉え方③久野功雄・久野金属工業取締役副社長
 ◇13日(水)=①同②お客様を熱狂させるファン化の進め方③佐藤潤・ヤッホーブルーイング よなよなエールFUN×FAN団団長
 ◇19日(火)=①同②現場が腹落ちする生産性アップの進め方③伊藤啓介・アクト代表取締役
 ◇20日(水)=①午後1時30分~2時30分②お客様の買いたい気持ちの高め方③左今克憲・アグリゲート代表取締役CEO
 ◇26日(火)=①午後7~8時30分②3年後の成長目標とそれに向けた第一歩③安藤功・社会人材コミュニケーションズ取締役(変更の可能性あり)
 ◇28日(木)=①午後7~8時②「人力」の価値を最大化する仕組みのつくり方③月森正憲・寺田倉庫専務執行役員

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top