支援パートナー派遣で商店街の活性化を:全国商工会連合会

2019/01/11 支援

 全国商工会連合会は、地域の商店街を活性化するためトライアル実行支援事業を実施する。店主の高齢化や商店街活動の担い手不足、地域住民の人口減少などで厳しい状態に直面している商店街に、専門的な技能を持つ支援パートナーを派遣し、活性化に向けた実行計画の作成から計画の遂行、成果の共有などを応援する。支援パートナーの派遣費用は無料。実行計画に必要な経費も税込75万円を上限に委託金として支援する。

 支援は実施計画コースと実行コースの2種類で、コースによって支援パートナーの派遣回数などが異なる。いずれも実施期限は今年2月28日まで。1月18日までに応募書類に押印し郵送で申し込む。詳しくはhttp://www.syoutengai-shien.com/support/07.htmlへ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top