共有価値の創造の可能性を議論「まちづくりオープン会議」の開催:経産省

2018/11/14 イベント

 経済産業省は、まちづくりに関するシンポジウム「まちづくりオープン会議」を12月10日にTKPガーデンシティPREMIUM秋葉原(東京都千代田区)で開催する。

 同会議のテーマは、「民間企業(産・金・言)によるまちづくり-CSVの可能性-」。民間企業における取り組みをまちづくりに活用する新たな方向性として、企業の本業を通じて地域貢献を行う、CSV(Creating Shared Value 共有価値の創造)の考え方が注目されている。会議では、このCSVの考え方に基づいた先進事例の発表を行うとともに、パネルディスカッションを行い、本業に絡めたまちづくりの取り組みの難しさ、可能性について議論する。参加費は無料。定員は100人(先着順)。

詳細はまちづくり情報サイトを参照。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top