IT導入補助金、3次公募期間を延長:サービスデザイン推進協議会

2018/11/08 支援

 サービスデザイン推進協議会はこのほど、IT導入補助金の3次公募の公募期間を延長すると発表した。延長前は第5回締め切りの11月19日までとしていたが、新たに第6回と第7回を追加し、締め切りを第6回は12月4日まで、第7回は12月18日までとする。公募期間延長に合わせ、支援事業者の登録は11月7日まで、ツールの登録は11月27日まで延長される。事業実施期間は来年1月末までで従来通り。

 同補助金は、中小企業・小規模事業者が業務の効率化・売上アップのため、ソフトウエアやクラウドなどITツールを導入する経費の一部を補助するもの。事前にIT導入支援事業者によって登録されたITツールの中から自社に見合ったツールを選び、IT導入支援事業者が申請や報告等の各種手続きを代理で行う。補助金額は上限が50万円、下限が15万円で、補助率は2分の1以下。公募は今年4月から始まり、これまでに3次第4回締切分までの交付申請受付が終了している。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top