「J級グルメ」開発に挑戦:中小機構北海道などが講座

2018/09/03 地域 支援

 中小機構北海道本部は北海道渡島総合振興局、道南うみ街信用金庫と連携して、「J(Jimoto)級グルメ開発支援講座@HAKODATE~我が社もできる!地元素材で新しい味に挑戦~」を10月2日から全5回の日程で開く。地元の食材を使った食品系の新商品を開発する講座で、実際に試作品を開発し、商品化につなげる。

 会場は道南うみ街信用金庫函館中央営業部(北海道函館市)で、初回は実際に売れている商品の試食や商品開発の基礎を学ぶ。10月26日は商品コンセプトづくり、11月13日は味作り、12月4日は売れるパッケージデザインや商品PR方法などを学び、2019年2月21日に試作品のプレゼンテーション・試食や事業計画を策定する。別途3月中に函館市内の土産物店で試食・販売会も行う。国内販売だけでなく、急増する外国人旅行者も意識し、海外の人にも評価される商品を目指す。

 受講料は無料で、定員は20人(先着順)。詳細は中小機構北海道のホームページへ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top