7月豪雨被害で商店街設備改修費補助:中企庁と岡山・愛媛県

2018/09/14 支援

 中小企業庁は、平成30年7月豪雨で被害を受けた地域の商店街などのアーケード、共同設備、街路灯設備などを商店街が改修する経費の一部を補助する「中小企業組合等共同施設等災害復旧費補助金(商店街復旧事業)」を岡山・愛媛両県とともに実施する。これに伴い、対象案件を10月26日まで募集している。

 交付対象は、豪雨で損壊もしくは滅失または継続使用が困難になったもののうち、商店街などの商機能、コミュニティ機能に不可欠な施設および設備復旧事業費。対象地域は岡山県と愛媛県の全域。補助率は4分の3以内(国2分の1、岡山県・愛媛県4分の1)。

 詳しくは中小企業庁経営支援部商業課のホームページで。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top