第31回中小企業優秀新技術・新製品賞の募集開始:りそな中小企業振興財団など

2018/08/28 支援

 りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が「第31回中小企業優秀新技術・新製品賞」の募集を開始する。中小企業の技術の振興を図り、産業の発展に寄与することを目的に中小企業の開発した「新技術・新製品」と「新ソフトウエア」を表彰する制度で1988年から毎年実施。表彰は「一般」と「ソフトウエア」の2部門あり、厳正な審査のうえ、中小企業庁長官賞、優秀賞、優良賞、奨励賞の各賞と副賞として最高100万円を贈呈している。

 過去30回の応募総数は9948件で、935作品を表彰。受賞各社からは知名度向上のほか、販売先拡大や売上増、開発技術者のモラルがアップなど多面的で効果が出ていると評価されている。募集対象は2017年から18年までの2年間で開発を完了、あるいは販売を開始した中小企業の新技術・新製品。応募は9月3日から12月7日午後5時まで。詳しくはhttp://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.htmlへ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top