中小企業従業員の人材育成サイトを公開:中小機構

2018/08/20 支援

 中小機構は20日、中小企業で働く従業員を対象に、目的別に学習できる教育コンテンツの提供と学習履歴や成果を可視化できる人材育成プラットフォーム「ビジログ」を公開する。経済産業省中小企業庁の受託事業として運営し、まず教室で行うワークショップ型の研修の募集と一部のウェブ研修の受講を始める。受講料は無料。

 激変する環境の中で、中小企業が成長・発展を続けるためには、経営者を支える中核人材の育成が急務だ。そこで、①人手不足解消術②生産性向上術③情報活用術④広報宣伝術―など7分野の専門知識に加え、仕事を通じてどのように自己実現したいかを考える「キャリア・オーナーシップ」や「社会人基礎力」を学べるカリキュラムを編成する。

 提供するコンテンツは、中小企業の従業員一人ひとりの働き方に合わせて学習できるよう、今後は時間や場所にとらわれずに学習できるウェブ研修を充実させるとともに、双方向ライブ研修も開始する計画だ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top