意匠制度見直しの検討課題、提案募集中:特許庁

2018/08/10 支援

 特許庁が意匠制度見直しの検討課題を募集している。8月6日に産業構造審議会知的財産分科会意匠制度委員会で制度の見直し議論が始まったのを受けたもので、今後の議論の参考にするため国内外から広く提案を募集する。

 提案対象は①画像デザイン保護②空間デザイン保護③関連意匠制度拡充④意匠権存続制度⑤複数意匠一括出願⑥物品区分表見直しの6分野。同庁は、国内の事例はもちろん、海外で権利がどこまで保護されているかを示す裁判例などの情報提供も期待している。募集締め切りは9月21日まで。郵送は同日必着、電子メールは同日午後6時まで受け付ける。詳しくは同庁意匠課意匠制度企画室へ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top