新規10社 更新8社:企業価値協会「2018年下期認定式」

2018/07/09 イベント
not set 記念撮影する認定企業の代表者ら

 企業価値協会は7月5日、東京都千代田区のパレスホテル東京で2018年下期企業価値認定式を開催した。中小機構および中小企業庁の後援。顧客や社会が強く必要とする価値が認められた中小企業10社に新規認定証、認定した価値を維持していると認められた中小企業8社に更新認定証を授与し、会場に参集した認定企業関係者ら約300人の祝意を受けた。

 企業価値認定は、同協会が技術、事業コンセプト、ビジネスモデル、経営理念などで特徴的な価値を持つ中小企業を発掘し、メディアを通じた広報活動を展開することで成長を後押しする制度。価値を3年維持していると審査されれば更新認定を受ける。認定式は年2回行われ今回が10回目。

 冒頭、同協会の武井則夫代表理事が「中小企業は価格競争より価値競争をすべき。互いに高め合う企業活動を展開してほしい」と開会挨拶。続いて東京中小企業投資育成代表取締役で同協会顧問の望月晴文氏が、認定企業は2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の国際目標(SDGs)に匹敵する社会貢献性があるなどと祝辞を述べた。

 審査委員を代表して、全国中小企業団体中央会の及川勝事務局次長が「認定企業は世界的視点で事業を展開している。価値向上努力もうかがえる」と総評。認定企業を代表して松合食品(熊本県宇城市)の松浦茂代表取締役が「更新認定を繰り返し受ける企業になるよう努力する」と謝辞を述べた。

 閉会後は新規・更新認定企業の代表者とメディア関係者らとの懇親会が開かれ、情報交換を通じて親睦を深めた。

 今回の認定企業18社は以下の通り。

【新規】
 ▽アイワフク(東京都台東区)▽IDルーブル(名古屋市天白区)▽エイシン(東京都港区)▽シアトルコンサルティング(同)▽代官山エッグアートスタジオ(東京都渋谷区)▽テラ・ルネッサンス(京都市下京区)▽プライムライズコンサルティング(東京都中央区)▽ポリグル・グループ(大阪市中央区)▽松合食品(熊本県宇城市)▽美月(東京都中央区)

【更新】
 ▽安城自動車学校(愛知県安城市)▽エコ・24(東京都港区)▽クリーン・ブラザーズ(大阪市西区)▽シェアリングネイチャー協会(東京都新宿区)▽清風会(岡山県津山市)▽ダイニチ・コーポレーション(東京都品川区)▽田中直染料店(東京都八王子市)▽富士少額短期保険(山梨県甲府市)

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top