技術シーズを披露:都産技研

2018/06/15 イベント

 東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、都産技研や連携機関などの技術シーズを発表し、中小企業との技術マッチングを促す「TIRIクロスミーティング2018」を7月12、13の両日、東京都江東区の都産技研本部で開催する。技術開発や製品開発のヒントとなる幅広い分野の技術発表に加え、成長産業の技術動向や取り組み事例を解説する特別プログラムも実施する。

 特別プログラム(事前予約制)として、12日は「競争しない競争戦略~競争しないで利益率を上げる方法~」をテーマに早稲田大学ビジネススクールの山田英夫教授が講演。月井精密の名取磨一代表取締役が「0円でつながるクラウド見積りネットワーク」、Moffの高萩昭範代表取締役が「ウエラブルIoTによる高齢者の自立支援サービスの現状と今後」と題して発表する。「中小・ベンチャー企業目線のIoT導入~データ取得と可視化で他社と差をつける~」をテーマにパネル討論会も行う。13日も事前予約制の講演、発表を用意した。

 一方、都産技研などによる技術シーズの発表は事前予約が不要。技術分野は環境・エネルギー、生活技術・ヘルスケア、機能性材料、安全・安心、ロボット、IoT、ものづくり要素技術などで、約70件のシーズを発表する。各種の試作設備・装置などの見学会も実施する。

 時間は両日とも10~17時。参加無料。
 詳細はこちら

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top