ベトナム企業と東北地方企業経営者が初の交流会:中小機構東北

2018/06/13 支援
not set 交流会では日越企業が親しく語りあった

 ベトナムの中小企業と東北地方の中小企業の初めての経営者交流会「ベトナムの業界最新事情」(主催=JICA東北支部、共催=中小機構東北本部、宮城県日越交流協会、七十七銀行)が6月11日、仙台市内のTKPガーデンシティ仙台で開催された。

 国際協力機構(JICA)の「ベトナム・日本人材協力センター(VJCC)がベトナム企業を対象に実施している研修事業「ハノイ第9期」の一環。来日したベトナム企業は多くの日本人経営者に接して、これまで現地での座学や個社訪問で学んできた日系企業の経営や管理技術のノウハウを深めるのが目的。日本企業は約900万人のベトナム市場進出に役立つ業界別の最新事情を学ぶねらいがある。ベトナムから27社・27人が、日本は宮城、山形、福島各県の52社・72人が参加した。

 交流会のプログラムは2部構成で、第1部は主催者の紹介の後、VJCCのグェン・ティ・トゥイ・リン氏が研修内容を説明。ベトナム企業3社が業種別に自社の業務内容をプレゼンテーションした。建設業界はMEKAMIC Construction and Industrial Equipment JSCのファン・ヴァン取締役建設技術部長、機械・金属加工業界はFoshan Ceramic Machinary and Mould JSCのファム・キイエウ・チャン営業部長、医薬品業界からはEloge France Viet Namのチャン・ミン・チュン社長が登壇した。

 第2部は宮城県日越交流協会の鎌田厚司会長が挨拶し、中小機構東北の高村誠人本部長が閉会の声をかけるまで出席者が親睦を深めた。中小機構は「この交流会を機にお互いが接点を見出し、今後のビジネスにつながれば」としている。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top