新価値創造展2018の出展者 5月21日から募集!:中小機構

2018/05/17 イベント

 中小機構は、2018年11月14日から3日間、東京都江東区の東京ビッグサイトで開催する「新価値創造展2018(第14回中小企業総合展 東京)」の出展者を5月21日から募集する。

 同展は、優れた製品・技術・サービスを持つ全国の中小企業が一堂に会するビジネスマッチングイベント。出展者と来場者の出会いによる異業種連携やユニークな発想による新商品開発などを通じた「新価値」を見出すことで、中小企業の販路開拓や市場創出を支援する取り組みだ。

 異業種が集まる場だからこそ、従来の発想とは異なる製品・技術・サービスの組み合わせや斬新なアイデアが生まれやすく、新たな事業展開に繋がる可能性を秘めている。

 IoT(モノのインターネット)、ロボットなどの「産業・技術」、臨床・処置、診断・予防などの「健康・福祉」、省エネ・リサイクル、水素・燃料電池などの「環境・社会」の3分野をテーマに開催。出展効果を高めるサービスとして、出展製品オリジナルPR動画の作成、出展者によるプレゼンテーションの機会提供など多彩なメニューを用意している。

 募集の締め切りは7月13日。8月中旬に出展者を確定する予定。販路開拓や業務提携などでマッチングを希望する中小企業600社程度の出展を見込んでいる。

 募集の詳細はこちら

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top