燕三条の製品を中国市場向けショッピングサイトで発信:中小機構

2018/05/08 支援

 中小機構は5月8日から新潟県の燕三条地域で生産されている家庭用品やキッチン用品を中国消費者向けの越境EC(電子商取引)ショッピングアプリで発信する。中小企業の越境EC支援の一環で、中国市場進出に向けた販路拡大のほか同地域の活性化をめざす。

 商品が掲載されるのは日本製品を中国の消費者に紹介しているインアゴーラ(東京都港区、翁永飆社長)のショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」。約300万人のユーザーが1日で約1万件を購入する実績を誇り、中国の大手EC事業者とも連携している。

 日本から中国への越境EC市場は年々拡大しており、2020年には2兆円規模に圧する見込み。質の高い日本製品や日本の産地に対する関心も高まっている。

 問い合わせは中小機構関東本部℡03・5470・1638か、販路支援部℡03・5470・1681へ。

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top