「国内事務所」群馬県にも開設:ジェトロ

2018/04/06 支援

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、群馬県の「国内事務所」となる群馬貿易情報センターを高崎ターミナルビル高崎モントレー(高崎市八島町222番地)に設置し、同地との連携をさらに緊密化する。これまで以上に地域ニーズに適した事業を実施して、地方創生や地域経済活性化に資する具体的な成果を創出していく。

 群馬県は、同地の強みを活かしながら国内外の需要を開拓して産業を創出・振興することが必要と考え、農畜産物の輸出促進、地場産品の海外販路開拓、海外ビジネス展開支援、外国企業誘致や観光資源の情報発信などを推進している。

 同センターは、群馬県に事務局を置くジェトロ県内事務所設置検討委員会が「国をあげて農産物の輸出に取り組む中、近くに相談できる場所が必要」「経費負担が軽減され、小規模企業も活用しやすくなる」「ジェトロからの現地情報は豊富な経営資源になる」などの理由から設置を求めていた。

 開設は今年7月。所長、所員2人、アドバイザー2人、アシスタント1人のほか、地元経済界を代表する人材に会長を委嘱する予定。ジェトロの県内活動は、これまでジェトロ関東が管轄していた。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top