7月開講「ウェビーキャンパス」受講募集スタート:中小企業大学校

2018/03/23 支援

 中小企業大学校は、経営や職場の課題解決につながるインターネットを活用した研修「WEBee Campus」(ウェビーキャンパス)を7月から開講する。ウェブ会議システムを利用してリアルタイムの双方向通信で行うスタイル。現在、同月から始まる7種の研修の募集を開始している。

 ウェビーキャンパスは、ネット環境とヘッドセットが利用可能な端末があれば、1回の研修が3時間と短いため、職場にいながら経営分析やマネジメント手法などをオンライン動画で体系的に習得できる。講師は大学校での実績や現場経験が豊富な中小企業診断士ら。受講を検討中の人もメールアドレスを登録すれば動画視聴ができる。

 研修は次の通り(研修タイトル、期間、回数の順)。
▽「業界の今を捉え、これからを予測する ファイブフォース分析の進め方」(7月4日~8月10日、全4回)
▽「混迷の時代を乗り越える課題解決力向上ゼミⅠ」(7月5日~8月30日、全8回)
▽「自社の売上アップにつながる!戦略的マーケティングの進め方」(7月12日~8月22日、全6回)
▽「新商品開発に役立つアイデア発想トレーニング」(7月13日~8月10日、全4回)
▽「飲食店向け『魅力アップ』ゼミナール」(7月18日~8月22日、全4回)
▽「経営に活かす!決算書の見方」(7月26日~8月23日、全4回)
▽「社員と組織を成長させる仕組みづくり」(7月31日~9月11日、全6回)

 応募は専用URL(https://webeecampus.smrj.go.jp)から。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top