AI活用した支援策、起業相談チャットボットの実証実験を開始:中小機構

2018/03/14 支援
not set 起業ライダーマモルは、今日も起業家を応援しています。

 中小機構は14日、AI(人工知能)を活用したチャットボット(自動会話プログラム)による起業相談「起業ライダーマモル」の実証実験を開始した。起業・創業に関し、希望者が抱く課題の解消と、関心を持つ潜在層へ起業意欲の向上を図ることを狙いとした取り組み。対話型自動応答サービスで24時間365日、スマートフォンで気軽に無料相談ができる。

 実験で使用するAIは、日常の言語を認識する「自然言語処理」技術を活用し、中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」の起業関連情報や中小機構の起業相談対応カルテから作成したFAQ(よくある質問)など、膨大なデータを学習。起業までの流れや実務情報など起業に関する質問に対し、AIが最適な回答を瞬時に提供する。

 質問はフリーワードで入力できるほか、適切な言葉が浮かばない場合は、選択式のメニューで質問が可能。さらにJ-Net21などの起業関連Webサイトへのリンクや適切な支援機関を案内する。

 「起業ライダーマモル」を利用するには、コミュニケーションアプリ「LINE」への登録、
またはJ-Net21で提供するWeb版で。詳細は特設サイトを参照。 
 http://startup.smrj.go.jp

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top