中小機構四国本部長賞に「世起」:四国でいちばん大切にしたい会社大賞

2018/03/04 地域
not set 高山千佳歳・四国本部長(左端)から表彰され、記念撮影する世起の代表者

 四国産業・技術振興センター、中小機構四国本部などで構成する四国地域イノベーション創出協議会は2月28日、高松市のかがわ国際会議場で、2017イノベーション四国顕彰表彰式を開催し、「四国産業技術大賞」と「四国でいちばん大切にしたい会社大賞」の受賞各社を表彰した。このうち、四国でいちばん大切にしたい会社大賞は、四国経済産業局長賞にシケン(徳島県小松島市)、中小機構四国本部長賞に世起(愛媛県松前町)、奨励賞に渦潮電機(愛媛県今治市)の3社に授与された。

 同協議会は、企業が抱える課題解決を四国の総合力で支援するため、平成20年度に設立された。その一環として顕彰制度を設け、四国産業技術大賞は今回で22回目、四国でいちばん大切にしたい会社大賞は7回目。

 中小機構四国本部長賞を受賞した和洋菓子製造の世起は、朝礼で経営計画書の読み合わせを行って経営理念を浸透しているほか、先輩社員が新入社員をマンツーマンで指導する「ブラザーシスター制度」などによって数々の改善につなげている点などが評価された。受賞挨拶した今村暢秀代表取締役は「社員には必ずいいところがある。育児、介護などの家庭環境を皆が理解し合っている。これからも地域から頼られる企業になりたい」と述べた。

 なお、四国産業技術大賞の受賞企業は次の通り。

 ◇産業技術貢献賞=菊井商会(香川県丸亀市)
 ◇革新技術賞最優秀賞=兼松エンジニアリング(高知市)
 ◇同優秀賞=吉原食糧(香川県坂出市)
 ◇技術功績賞最優秀賞=垣内(高知県南国市)
 ◇同優秀賞=環境資材(愛媛県西条市)

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top