9社が自慢の食品アピール:中小機構のNIPPON MONO ICHI

2018/02/19 イベント
not set 来場者に試食を勧めるなど積極的にアピールしたニッポン・モノ・イチのコーナー

 中小機構は2月14~16日の3日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開かれた食品関連の国内最大級展示会「スーパーマーケット・トレードショー」(主催・新日本スーパーマーケット協会)内で、国の3法認定を受けた中小企業の販路開拓を支援する中小機構のプログラム「NIPPON MONO ICHI」(ニッポン・モノ・イチ)を開催し、9社の出展を支援した。出展者は食品卸、小売りなどのバイヤーらに自慢の商品をアピールした。

 ニッポン・モノ・イチは、同ショーの一角に食品卸の五味商店が主催した「こだわり商品コーナー」内に設けられた。

 北海道米菓フーズ(旭川市)は、1月に発売したばかりの油を使わないで揚げた〝おかき〟などを出展した。トマトバジル、チーズコショウ、リッチコンソメなど味も8種と豊富だ。道内の研究機関と共同で製法を開発、特許も取得した。「北海道はもち米の生産量が多いのに、おかきメーカーがなかった。油を使わないから手に油がつかず、酸化しないため賞味期限も通常より2倍長い」(廣島俊郎代表取締役社長)と、新感覚の商品PRに余念がなかった。

 石巻うまいもの(宮城県石巻市)は、東日本大震災後に市内の10社が地元の食を全国に広めようと立ち上げた企業。新商品のサンマや銀鮭、アナゴなどのお茶漬けや、おでんなどを出品。お茶漬けは地元産原料を中心に使用した高級品という。おでんは化学調味料が無添加で「仙台市で売れているが、ネットスーパーなどを通じて関東にも広がっている」(石巻うまいものに出資する山徳平塚水産食品事業部の平塚上次郎営業チームリーダー)。今後も商品開発を進め、石巻の味を普及させる方針だ。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top