「はじめて英語で海外ビジネス」セミナー参加者募集中:中小機構中国

2018/02/15 支援

 中小機構中国本部は、海外販路開拓やインバウンド観光客向けに英語でビジネスを展開したい事業者を対象とする全3回のセミナー「はじめて英語で海外ビジネス」の参加者を2月26日まで募集している。

 海外EC(電子商取引)サイトを活用した輸出や訪日外国人観光客の増加に伴い、英語を活用したビジネス環境への関心が高まっている一方、英語対応の人材不足を課題とする事業者は少なくない。

 セミナーは、このような事業者向けの海外ビジネススタートアップ支援。
 初回「はじめて英語で海外ビジネス~先輩からスタート方法を学ぶ~」は2月27日。
 第2回「はじめて英語で展示会~名刺交換、展示会、見積~」は3月6日。
 第3回「はじめて英語でEメール~メールの基本、キーワード、まちがえやすい英語~」は同14日にそれぞれ開く。

 時間は、いずれも午後3時から5時まで。会場は中小機構中国本部会議室(広島市中区八丁掘5-7 広島KSビル3階)。定員は30人。参加費は無料だが、初回後に催す交流会のみ500円。

 海外現地調査や海外向けWEBサイト構築に係る平成30年度補助金事業の他、無料の海外ビジネス相談会についても紹介する。

 申し込みは「スキルミガキ広島」から。http://skill-migaki.com/hiroshima/

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top