特別支援学校へオリジナル装置を贈呈:中小機構中部・サポイン倶楽部

2018/02/08 地域

 中小機構中部本部が支援するサポイン倶楽部社会貢献活動分科会は、岐阜県内3校の特別支援学校が抱える困りごとを解消する装置をこのほど完成させ、今月14日に製作企業から特別支援学校への贈呈式を行う。ものづくり中小企業がもつ技術を社会に役立てたいとの考え方から同倶楽部内に分科会を設置。特別支援学校への貢献活動は昨年に続く取り組み。

 今回、4社が製作した装置は2点。「収納に配慮した可搬型室内すべり台の開発」を大矢鑄造所(名古屋市)、岐阜多田精機(岐阜市)、名古屋精密金型(名古屋市)の3社が担当し、岐阜県立岐阜希望が丘特別支援学校と同揖斐特別支援学校に贈る。「ボールプール遊びの施設撤収作業に供するボール回収装置」を製作したのは原田車両設計(愛知県みよし市)で、同関特別支援学校に贈る。

 サポイン倶楽部は、経済産業省の戦略的基盤技術高度化事業(サポイン事業)の認定を受けた中小企業に対し、認定計画の推進や成果の事業化促進、技術力強化、経営基盤確立などを図ることを目的に中部本部が平成19年に組織化。211社37支援機関が加盟している。

 贈呈式は2月14日、午前10時から関特別支援学校(関市桐が丘1丁目2番地)で開催する。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top