イノベーションネットアワード2018受賞者決まる

2018/02/07 イベント

 一般財団法人日本立地センターと全国イノベーション推進機関ネットワークが主催する第7回地域産業支援プログラム表彰事業(イノベーションネットアワード2018)」の受賞者が決まった。地域産業の振興や活性化へ向けた取り組みを表彰する制度で、法人34件・個人6人の応募があった。外部の有識者による審査委員会などが公正に審査し、以下の受賞者が選ばれた。

 経済産業大臣賞=特定非営利活動法人諏訪圏ものづくり推進機構「諏訪圏(6市町村)における地域活性化の取り組み~“SUWAブランドのものづくり”への挑戦~」◆文部科学大臣賞=国立大学法人金沢大学「能登里山里海マイスター育成プログラム」◆農林水産大臣賞=公益財団法人北海道科学技術総合振興センター「研究開発から事業化までの一貫支援による「北海道バイオ・ヘルスイノベーションの新たな価値創造」

 全国イノベーション推進機関ネットワーク会長賞=九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会「九州の半導体・エレクトロニクス関連産業の新分野展開・新ビジネス創出」◆一般財団法人日本立地センター理事長賞=公益財団法人岡山県産業振興財団「アジア留学生ビジネスネットワーク構築支援事業」◆優秀賞=富山大学地域連携推進機構「地域資源を活用した地域発イノベーション創出型人材育成事業」◆同=徳島県信用保証協会「創業支援事業『創業するなら保証協会へ!』」
 
 全国イノベーション推進機関ネットワーク堀場雅夫賞=田中 仁氏(一般財団法人田中仁財団代表理事、株式会社ジンズ 代表取締役社長)

 表彰式は2月23日午後1時30分から東京都千代田区の中央大学駿河台記念館で行われる。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top