海外で活躍する中小建設企業を表彰:国交省

2018/01/10 支援

 国土交通省は、今年度で創設した「第1回JAPANコンストラクション国際賞(国土交通大臣表彰)」の対象となる中堅・中小建設関連企業を1月31日まで募集している。「質の高いインフラ」を象徴する日本の強みを発揮した建設プロジェクトと海外で先導的に活躍している中堅・中小建設企業を表彰することにより、日本企業のさらなる海外進出を後押しする。

 募集対象は、以下の2部門。

 建設プロジェクト部門=日本企業が海外で設計者、施工者、施主(不動産開発の場合)、施工管理者、PPP(公民連携)出資者など、いずれかの形で参加している建設プロジェクトで平成24年4月1日以降に完工し、瑕疵担保期間が終了したもの。

 中堅・中小建設企業部門=海外で建設、設計、測量、建設資機材の供給などを行っている日本の中堅・中小建設関連企業。

 応募案件は、有識者らで構成する「海外インフラ展開に関する表彰についての検討・審査委員会」(委員長:森地茂(政策研究大学院大学政策研究センター所長))が、質の高いインフラの実現や日本企業の海外におけるプレゼンス向上などの観点で総合的に選考する。

 結果は、3月に通知する。表彰式では、受賞者によるプレゼンテーションを予定している。

 詳しくは、こちら。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top