インドにアーメダバード事務所を新設:ジェトロ

2017/12/12 支援

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、インド・グジャラート州のアーメダバードに事務所を新設し、同地周辺に進出する中小企業を支援している。インド有数の自動車産業集積地である同州への日本企業の関心の高まりを踏まえ、個別企業を支援するビジネスサポートセンターを設置し、短期オフィススペースの貸与、専門家によるコンサルティングを提供している。

 2010年4月に開設したチェンナイ事務所に続くインドで5カ所目のジェトロ事務所。インドは複数の事務所を置く国として、中国の8事務所、米国の6事務所に次いで3番目に多い国となる。

 同州は、デリー首都圏、マハラシュトラ州西部、チェンナイ、ベンガルールに次ぐ自動車関連産業集積地として注目されている。インド最大の民間港ムンドラ港があり、中東やアフリカ市場への輸出拠点としても期待される。

 インドの投資環境調査で、2014年から2年連続で1位(2016年は3位)。土地、労働力、インフラストラクチャー、経済環境、政治的安定性などが高く評価されている。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top