八海醸造、銘建工業の2社がグランプリに:中小企業研究センターが第51回「グッドカンパニー大賞」を決定

2017/12/05 イベント

 中小企業研究センターは5日、第51回「グッドカンパニー大賞」表彰企業を決定した。同賞は全国の中小企業の中から経済的、社会的に優れた企業を発掘、顕彰することで日本経済の発展に寄与することを目的として1967年に創設。これまでの表彰企業は述べ663社で、それぞれ有力企業に発展している。

 今回、グランプリに輝いたのは、日本酒蔵元の八海醸造(新潟県南魚沼市)と集成材生産と木質バイオマス販売の銘建工業(岡山県真庭市)の2社。いずれも経営刷新、技術開発、市場開拓、流通改革の分野で顕著な成果をあげ、優れた企業内容を有するなど審査基準に適合し、優れた企業であることが評価された。2社に対し表彰状、メダルと奨励金100万円が贈られる。

 また、地域ごとに選定する優秀企業賞として8社、特別賞5社、新技術事業化推進賞2社が決定した。表彰式は来年2月1日、東京・大手町の経団連ホールで開催する。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top