明日開幕!「新価値創造展2017」610社が出展し17日まで:中小機構が主催

2017/11/14 イベント
not set 昨年の「新価値創造展2016」開会式

 中小機構が主催する「新価値創造展2017」(第13回中小企業総合展 東京)が明日15日、東京・有明の東京ビッグサイト(東7・8ホール)で開幕する。優れた製品、技術、サービスなどの価値を創造し発信する意欲的な中小企業、ベンチャー企業など610社・団体が出展。海外からはタイ、ベトナム、台湾から50社がブースを構える。特別展示のほか有識者によるセミナー、商談会など見どころ満載の展示会となる。

 展示コーナーは、目当ての技術、企業を探しやすいよう3テーマで見やすさを重視している。先端のものづくりを支えるロボット、IoTなどの新世代の技術と最新製品を紹介する「Industry & Technology」、医×工、医×ICT、先端技術により実現する新次元の医療・健康管理サービスを体感できる「Health & Welfare」、環境関連、防災、防犯、農業技術などに新世代の技術を活用した事例を紹介する「Green & Community/レジリエント(強靭)な住生活コーナー」の3テーマ。

 このほか、「IBM Watson/IoTソリューションコーナー」や「AR/VR最新テクノロジー体験コーナー」など最先端技術に触れることができる。メインステージでは、3日間にわたり各界の有識者によるセミナーが合計12講演。サブステージでは海外展開、知的財産、情報セキュリティなど13の専門セミナーも開催される。

 会期は17日まで。開催時間は午前10時~午後5時まで。経済産業省中小企業庁、日本商工会議所などが後援する。中小企業の優れた製品・技術・サービスが集結し、新しいアイデアやビジネスが生まれる展示会。詳細はホームページから。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top