特集「新たな時代に向けて」AI革命で未来を創る: HEROZ(東京都港区)

2017/11/06 特集
この記事の内容 ・HEROZは、AIを駆使し新時代の創造を目指すベンチャー企業
・目指すのは「人間的な知能を備えた人工物」を創り出すこと
・今後、各産業分野でAI革命を進行させる取り組みを行う
not set 「AI革命を起こし、未来を創る集団」とビジョンを語る林代表取締役

 今年5月、コンピューター将棋ソフトがプロ棋士を破り、AI(人工知能)対プロ棋士による対戦「電王戦」は、AIが圧倒的な強さを示して閉幕した。将棋ソフト「Ponanza」開発者でHEROZ(東京都港区)のリードエンジニア山本一成氏は「膨大なデータを記憶し、深層学習で人の直感を獲得したAIは、私自身が驚くほどの進化を遂げている。次の一手を考える思考力は人間だけのものではなくなった」と語る。

 コンピューターは人を超えてしまうのだろうか。AIの進化を不安視する風潮は根強いが、時代の変化には常にチャンスがあることは歴史が証明している事実。AIをどのように取り込んでいくのか、いち早い対応こそが将来の事業拡大を左右するはずだ。

 人工知能関連技術を活かし、将棋、チェスなどのストラテジーゲームで世界に展開するHEROZは、人間には解決できなかった問題に挑戦し、新時代の創造を目指すベンチャー企業だ。「AIが急速に進化を遂げたのは、ここ2年ぐらい。膨大な電力消費を伴うがハード環境が整い、学習するデータがそろってきたことが要因だ」と林隆弘代表取締役は説明する。

企業概要&社長プロフィール

HEROZ
代表取締役CEO林隆弘氏
本社東京都港区芝5-31-17(Tel 03-6435-2435)
設立2009年4月
従業員数80人
事業内容AIを活用したインターネットサービスの企画・開発・運営

社長プロフィール
林隆弘氏(はやし・たかひろ)
早稲田大学卒業
1999年4月日本電気株式会社(NEC)入社IT戦略部、経営企画部に在籍
2009年4月HEROZ設立 代表取締役に就任

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top