札幌開催の2展示会で支援企業の研究開発などをPR:中小機構北海道本部

2017/10/10 イベント

 中小機構北海道本部は、支援の取り組みや支援企業の研究開発などを広くPRすることを目的に、札幌市内で開催される2展示会でブース出展する。

 11日~13日の3日間、中央区の読売北海道ビル内のACU-Y Y301で行われる「No Maps Trade Show2017」に、AI(人工知能)を活用した製品開発の調和技研と、地域貢献サービスを提供するジィ・シィ企画の2社がAIと人間が共存できる空間を提案する。2社は北海道本部が運営するインキュベーション施設、北大ビジネス・スプリングの入居企業。

 一方、札幌駅前通地下歩行空間のイベントスペースでは、「ローカル・クリエイターズ・エキシビジョン」が開催される。ここでは中小機構北海道が支援する、道内ものづくり企業の連携グループが冬期の積雪路面を安全に走行できるよう開発した寒冷地仕様の電気自動車「NEICLE」をパネル展示する。期間は12から15の4日間。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top