国交省が「中堅・中小建設業海外展開推進協議会」設置

2017/05/18 支援

 国土交通省は、中堅・中小建設企業の海外進出に必要な情報・課題を共有し、関係機関の支援策をより活用するため、「中堅・中小建設業海外展開推進協議会」を立ち上げる。

 日本の中堅・中小建設企業には、意欲と能力を持ちながら、知識とノウハウの不足から海外進出を躊躇しているケースが見受けられる。国土交通省をはじめとする関係機関の支援策も十分知られていないため、有効活用策が課題となっている。

 この状況を打開するため、中堅・中小建設企業、業界団体、有識者、外務省、在外公館、JICA、JETRO、中小企業庁、中小機構、金融機関などと連携し、海外進出を促進するプラットフォームとして同協議会を設置し、初会合を6月12日に都内で開く。

 主な活動内容には、①海外進出に必要な情報・課題の共有(海外建設市場の情報提供、海外進出事例の紹介)②海外進出セミナーの開催③支援機関・事務局からの情報提供(支援メニュー紹介、見本市・現地訪問団参加募集の案内)④人材育成・金融支援に関する検討⑤定期的な実績報告――などを予定している。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top