大学発ベンチャー、78社増1851社に:経産省調べ

2017/05/01 調査

 大学発ベンチャーの企業数は前回調査に比べ78社増の1851社―。経済産業省が調べた平成28年度大学発ベンチャー調査でこんな結果が分かった。このうち、黒字化したベンチャーの割合は55.7%と、前回調査(55.6%)と同水準だった。

 28年度調査で新たに把握できたベンチャー247社のうち、28年度に新設されたのが58社、27年3月以前に設立されていたが前回調査で把握できなかったものが189社、27年度調査後に閉鎖したのが169社だった。

 1851社のうち、研究開発ベンチャーに分類される企業が1114社と最も多く、前回の1073社から増加。このほか、共同研究ベンチャーが165社、学生ベンチャーが387社など。

 分野別では、バイオ・ヘルスケア・医療機分野の割合が約30%と多かった。学生ベンチャーについては、IT(アプリケーション、ソフトウエア)の割合が約40%と高い。

 大学別では東京大学が216社と最も多く、以下、京都大学(97社)、大阪大学(76社)、筑波大学(76社)などが続いた。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top