知財学び稼ぐ力を身につける:リベルタス、関東経産局がセミナー

2017/03/28 地域
not set ものづくりに不可欠となる知財を学んだ参加者ら

 リサーチ・コンサルティング事業を手がけるリベルタス・コンサルティングは23日、関東経済産業局と連携し、地域ブランディングやデザインと知財をテーマにした「地域資源を活用して稼ぐ力を身につけるための知財セミナー~地域資源を活かすためのデザイン・ブランデングを学ぶ~」を開催した。地域資源を活用しているものづくり企業やデザイナーなどが参加し、知財の基本的な考え方や事例などを通し稼ぐ力のヒントを探った。

 同社は、平成28年度中小企業知的財産活動支援事業の補助金を活用し、次世代の職人たちを対象にした自社ブランド確立のための勉強会や海外販路開拓に向け海外で通用するデザインを知るためのテストマーケティングを実施してきた。この取り組みの成果報告を兼ねセミナーを開いた。

 開会挨拶した関東経産局クリエイティブ・コンテンツ産業室の小澤元樹室長は「地域資源を活用した産品の新販路を国内外でどのように開拓していくか専門家を交えて取り組んでいる。本日は意匠や商標など知財を有効に使い、経営戦略に組み込み稼ぐ力としてもらうことが狙い。参考にしてほしい」と語った。

 続いて「地域ブランディングを進める『意』と『匠』~事例で学ぶ知財ワークフロー~」をテーマに意と匠研究所代表取締役の下川一哉氏が特別講演。「知財とデザイン/知財のデザイン」としてイクス代表取締役の永田宇郷氏が講演した。その後、パリで行ったテストマーケティングについて、伝統工芸の次のビジネスの形について2題のトークセッションが行われた。

中小企業ニュース編集部

関連記事

最新ニュース/記事一覧

back to top